世紀末の九行詩

運命に立ち向かう世紀末の九行詩

耳をすませば 卸売り価格

現在は、一番悪く感じるものだ。過ぎてみれば、最高の思い出になっているから。神秘、不思議というのは面白いものだ。人生も振り返ってばかりでは、前に進めないものだ。土と共に、水と共に生きよう。優しさとは、気づくことだ・・・気付いてあげられるその気持ちこそが、優しさ・・・どれだけ幸せの力になれるだろうか。本作は、世界に通用するレベルであろう。小さな良心から、大きな未来を育んでいるのだ。比較検討した後、それでも一点選ぶとしたら、間違いなくこの作品になるであろう。[PR]投稿動画 

川の光 についてのニュース

情熱をなくして人といえようか?考えてみるんだ。世界一への挑戦は、勇気を与えてくれた。レトロ感があり、どこか懐かしい気持ちになる。人間の能力というのは、ある程度は決まっているものだ。そう気にすることじゃない。一寸先が闇でも構わない、百寸先には光があると信じているから。そして、みんな悩んで大きくなり成長した。苦労を乗り越えて、この世に春が来たのだ。安心して勧められる確かな品質がここにある。幸せの大きさというものは、いつも自分の心が決めるものなのだろう。[PR]クラシック 

涼宮ハルヒの憂鬱 感銘

毎日の毎日が変わるきっかけが、そこにはあった。こんなにも楽しい、なのになぜ、ここまで切ないのだろう。過去は消しさることは出来ないが、未来は変えることが出来るんだ。目の前の敵ではない。弱気こそ最大の敵だ。一寸先が闇でも構わない、百寸先には光があると信じているから。幸せとは永遠に続くものじゃない、一瞬だから幸せを感じるものなのだ。負けてもいいから立ち向かうんだ。それこそが勝利なのだから。歴代の固定観念を一新する出来に仕上がっている。それは、いつも傍にあった。夢の続きを見に行くとしよう。[PR]情報リンク 

おとめ妖怪ざくろ 特典あり

まさに、最初から衝撃が走った。どんなに不器用でも、どんなに泥臭くてもいい。自分らしく生きろ。はてしなく人類の希望を追及しているのだ。特異性のある想像力というのが重要視されるのだ。気合があれば、何かを成し遂げられるものだ。愛は、人を、世界を、地球を救うのだ。奇妙な展開だが、面白く、そして儚くも切ないのだ。?対応は、早ければ早いほど満足するもの。これは、伝説の作品と呼ぶに相応しい名作である。[PR]ピアノ動画 

時をかける少女 最新作

そこには、健康で健やかに過ごす毎日があった。1%でも勝てる可能性があるのなら・・、けして応援を諦めない。なるべく良いものを、なるべく安く購入したいものである。ここぞというときの切り札(カード)の出し方が人生のようであった。憂う人と書いて、優しいと読むんだ。まるで、とある仮想ゲームのような新提案である。運命は自分の未来だ。ならば、未来は自分の運命さ。小さな良心から、大きな未来を育んでいるのだ。日々の暮らしの変化を感じる。どうやら列車は、ゆっくりと動き始めたようだ。[PR]クラシック