世紀末の九行詩

運命に立ち向かう世紀末の九行詩

熊田曜子の胸、乳首 揉み放題サービス

タレントの熊田曜子が、憲政記念館の「文化人・芸能人の多才な美術展」に自身の上半身をかたどった石こう像を出品した。 お触りOKの作品だ。 ⇒ビデオメーカー 熊田曜子/DRESS UP DOLL 水着付きながら92センチFカップバストを手のひらで包むことができるサービスである。 乳首部分については、熊田曜子は「ご想像にお任せします。いっぱいタッチして、真っ黒にしてください」と語った。

以下引用

タレントの熊田曜子(28)が24日、東京・永田町の憲政記念館で開幕した「文化人・芸能人の多才な美術展」に出品し、同所で会見した。

芸能人ら92人の美術作品を紹介するチャリティー企画で、熊田は自らの体をかたどった石こう像「分身」を出品。「私といえばグラビアなので、グラビアから何かをつくりたいと思った」と大きな胸を張った。石こうながら、自慢のくびれボディーにおさわりOK。「水着は外したらダメ。想像して楽しんで」と妖艶(ようえん)な笑みを浮かべていた。27日まで同所で開催。

グラビアアイドル熊田曜子(28)が24日、都内で環境保護と文化財救済支援を目的としたチャリティー企画「文化人・芸能人の多才な美術展」に出席した。今回が初出品で、自身のバスト92センチの胸とウエスト54センチのくびれを強調したエロチックな石こう像「分身」を数週間かけて制作。そして、その作品に触れることができるというのが最大の魅力。12回目の今年は、過去最大の92人約160点の絵画や写真が展示された。

熊田は「一番自分らしいポーズで実物に近い作品を作ることができた。寒い時期に1時間、ポールに捕まりながら石こうを入れて作ったため冷たくて鳥肌がすごかったです」と制作の思い出を語った。作品について「(作品は)触っても良いけど、水着は取らないでね。生で見て、生で触って」とエロチックなPRで、報道陣を興奮させた。最後に「これからもグラビア一筋で頑張ります」とアラサーグラビア宣言をし会場を後にした。

他に、SF漫画作家松本零士、鳩山由紀夫首相、北野武らの作品が展示されている。同所では27日まで、それ以降大分、鹿児島、兵庫、米国で開催予定。

集まったチャリティーの収益や投入寄金は、文化財救済活動支援に役立てられる。

グラビアアイドル、熊田曜子(28)は23日、写真集「天照−アマテラス−」(3150円、晋遊舎)の発売イベントを東京・福家書店銀座店で行った。1メートル64、B92W56H84の完璧ボディーを惜しげもなく披露した同作について、「最高傑作です」とFカップの胸を張った。お薦めショットは、初挑戦したブルマ&競泳水着姿。「19歳でデビューしてから大人っぽいイメージだったので、やりたくてもできなかった。皆さんの反応が楽しみであり、不安です」。

タレントの熊田曜子(28)が23日、東京・銀座の福家書店で写真集「天照〜アマテラス〜」発売記念イベントを行った。

デビューから9年、30冊以上の写真集を出してきた熊田も「最高傑作と自負しております」と自信満々。これまでは提案しても採用されなかったという競泳水着やブルマー姿も披露しており「ブルマーは中学1年生以来。皆さんの反応が凄く楽しみでもあるし、不安でもあります」と話した。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら